横浜市で不動産購入・売却|ハクホウエンタープライズ > 株式会社ハクホウエンタープライズのスタッフブログ記事一覧 > 瀬谷駅北にテーマパーク!?【旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画】について

瀬谷駅北にテーマパーク!?【旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画】について

カテゴリ:地域情報・再開発情報
上瀬谷通信施設(かみせやつうしんしせつ)は神奈川県横浜市旭区上川井町と瀬谷区北町・瀬谷町に所在していた在日アメリカ海軍基地(面積:2,422,396㎡)で、市内米軍施設のうち、最大の施設面積を占めるものでした。2015年6月30日に施設を含めた土地全体が日本へ返還されました。ここに年間1500万人規模の大テーマパークを作ると話題になっておりますので、調べました!


事業名称:旧上瀬谷通信施設公園整備事業(仮称)

■事業区域:横浜市瀬谷区瀬谷町、旭区上川井町

■事業の種類:運動施設、レクリエーション施設等の建設

■都市計画決定権者:横浜市事業実施者:横浜市



観光・賑わいゾーン(約125ha)

テーマパークを核とした複合的な集客施設が立地し、国内外から人を呼び込む観光と賑わいの拠点を形成します。現在「超大型テーマパーク」の実現可能性を検討しているのは、このゾーンです。 東京ディズニーランドの面積が51ha、東京ディズニーシーの面積は49haですから、2つを合わせた面積よりもさらに広い面積です。


新たな交通システム構想!

横浜市から、この計画地へのアクセスとして、新たな交通計画を検討していると発表がありました。「(中略)瀬谷駅を起点とした新たな交通(LRT、新交通システム、モノレールなど)の導入を図ります」としています。これは楽しみです!

≪ 前へ|いちょう通り商店街   記事一覧   周辺施設検索ができます|次へ ≫

トップへ戻る